商品やサービスの中から「どこがいい?」を掲載中

どこがいいドットネット

ハロゲンヒーターおすすめ機種と適切な選び方【最新版】

time

ハロゲンヒーターおすすめ機種と適切な選び方【最新版】

寒い冬が近づくにつれ、多くの家庭で登場するであろう暖房器具。いろいろな種類がありますが、今回は「ハロゲンヒーター」について詳しくご紹介していきたいと思います。

ハロゲンヒーターの特徴や選び方のポイント、おすすめの商品などをまとめました。

ハロゲンヒーターとは

ハロゲンヒーターは「遠赤外線ヒーター」に分類されるもののひとつ。遠赤外線ヒーターは電気で遠赤外線を放出して周辺を暖める仕組みのため、広い室内を一度に暖めるのには向いていません。

あくまでも、自分の近くに置いて局所的に暖めるというのが主な使い方です。

ストーブのように火を使うわけではないので、本体の周囲がじんわりと暖かくなるのが特徴です。

ハロゲンヒーターのメリット

ハロゲンヒーターは、使用するシーンを選べば高い暖房効果が得られるアイテム。まずはメリットについて見ていきましょう。

すぐに暖かくなる

遠赤外線により熱を出すハロゲンヒーターは、スイッチを入れればすぐに暖かくなります。少しでも早く暖まりたいときには活躍すること間違いなし!着替えをするときなどにはかなり嬉しいポイントですね。

手頃な価格

ハロゲンヒーターは他の暖房器具よりも比較的安く購入することができます。手頃な価格設定のものが多いので、思い立ったときにすぐに購入しやすいのはメリットのひとつと言えるでしょう。

冬場は脱衣所やトイレなど狭いところの寒さに悩まされることがありますが、手頃な価格のハロゲンヒーターなら複数箇所への設置も検討できるのではないでしょうか。

小型なので設置しやすい

商品にもよりますが、ハロゲンヒーターはあまり大きいものではありません。基本的に狭い範囲を暖めることを前提としているので、サイズは小さめで持ち運びも簡単。スリムなタイプもあれば、デスクの足元に置けるようなコンパクトなタイプもあります。

置く場所に最適な形状のハロゲンヒーターを使えば、狭い空間でも圧迫感はないはずです。

換気をする必要がない

暖房器具のなかでもメジャーなものといえば灯油式ストーブですが、火を使うためどうしても換気が必要不可欠となります。

その点、ハロゲンヒーターは電気式なので換気をする必要はありません。

空気が汚れることもないので、小さいお子さんやペットがいても安心して使用することができます。

ハロゲンヒーターのデメリット

メリットがたくさんある一方、いくつかデメリットもあります。ハロゲンヒーターの導入を考えているなら、デメリットもしっかり頭に入れておきましょう。

広い部屋を暖めるのには向いていない

先にも述べたように、ハロゲンヒーターだけで広い部屋を暖めるのは難しいです。あくまでもスポットでの利用を前提として作られているので、部屋全体を暖めるのには向いていません。

電気代が高め

ハロゲンヒーターは、他の暖房器具と比べると電気代が高めです。ハロゲンヒーターの消費電力は高い場合で1200Wにもなるので、付けっぱなしで利用することを考えるとあまり経済的ではありません。

しかも部屋全体が暖まるわけではないので、使い方はよく考えておきたいところです。

ハロゲンヒーターの選び方

「ハロゲンヒーターが欲しいけど、いろいろありすぎてどれにすればいいかわからない…」と悩んでいる方のために、ハロゲンヒーターの選び方のポイントをご紹介します。

価格も大事ですが、それと同じくらい大切なのが性能や機能です。自分のニーズにぴったり合ったハロゲンヒーターを選びましょう。

形状で選ぶ

ハロゲンヒーターと一口に言っても、その形状はさまざま。長方形型やパラボラ型、ランタン型やスリム型などがあり、使うシーンによって適する形状は異なります。

長方形型は最もメジャーなタイプで、上下に広く放熱することができます。座っているときでも全身を暖めることができるのが魅力です。

扇風機に似た形状のパラボラ型は、一方向を集中的に暖めることができるタイプ。デスクで足元だけを温めたいときなどに重宝するでしょう。

ランタン型は、本体の周囲360度に放熱することができるタイプです。持ち運びも気軽に行えるので、複数人で使用するときにおすすめ。

スリム型は、ほっそりとした形状なので狭いスペースにも置くことができます。トイレや脱衣所など、限られたスペースに設置したい場合にはスリム型のハロゲンヒーターを検討すると良いでしょう。

付加機能もチェック!

ハロゲンヒーターには、商品によって便利な付加機能が搭載されています。重宝するであろう機能は、首振り機能やタイマー機能、自動OFF機能などです。

ハロゲンヒーターに関わらず、暖房器具は正しく使用しないと火事を引き起こす危険もあります。そのため、安全面にもしっかり配慮がされているモデルを選ぶのがおすすめです。

ハロゲンヒーターのおすすめ4選

上記の内容をふまえ、ここからはおすすめのハロゲンヒーターをご紹介していきます。少し変わったタイプのものもあるので、ハロゲンヒーターの導入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

TEKNOS 首振り機能搭載ハロゲンヒーター PH-1211

こちらのハロゲンヒーターは「瞬間速暖」が一番のウリで、電源を入れるとすぐに暖かくなります。寒い部屋で重宝すること間違いなしでしょう。消費電力は1200Wと800Wを切り替えることができるので、必要以上の電気代はかかりません。

首振り機能が搭載されており、一点が熱くなりすぎないのも嬉しいポイント。また、転倒すると自動でスイッチが切れる転倒OFF機能がついているので安心です。

APIX ミニハロゲンヒーター AMH-386-GD

ランタン型のかわいらしいハロゲンヒーターです。小さめサイズで取っ手が付いており、なおかつ850gという軽さなので持ち運びが楽々。

ヒーターでありながらインテリアにもなるおしゃれなデザインが人気のポイントです。

消費電力は300Wなので、1時間あたりの電気代は通常のハロゲンヒーターに比べるとそこまで高くありません。

また、倒れても安心の転倒OFFスイッチ付き。ちょっとしたときの使用におすすめです。

TEKNOS スリムハロゲンヒーター コードフック付 PH-307

ある程度高さがありながらも、消費電量は300Wと低めのハロゲンヒーター。「1秒速暖」が魅力で、スイッチを入れればすぐに暖かくなります。

スリムな形状なので、トイレや脱衣所などの狭いスペースにも楽々設置できるのが嬉しいポイント。転倒OFFスイッチ付きで安心です。

背面にはコードフックがついているので、使用しないときやコードをまとめたいときでもスマートな収納が可能です。

パラボラ型ハロゲンヒーター PH-800

斜め上方を暖めることができる、パラボラ型のハロゲンヒーターです。上下の角度を調整でき、足元に置けば全身を暖めることができます。2段階調節になっており、強にすればある程度離れていても暖かさを感じられるほどのパワーです。

安全装置として、転倒OFFスイッチと温度過昇防止装置が搭載されているのも嬉しいポイント。

まとめ

ハロゲンヒーターのメリットやデメリット、選び方とおすすめの商品についてご紹介しました。

寒い日に大活躍するハロゲンヒーターは、上手に取り入れれば毎日がより快適になります。暖房器具の新調や導入を考えている方は、ぜひハロゲンヒーターを検討してみてください。

管理人

管理人

スタッフ数名で、たくさんの商品やサービスから「どれがいい?」「どこがいい?」を掲載しています