商品やサービスの中から「どこがいい?」を掲載中

どこがいいドットネット

足の臭い対策を自分でしよう!足のツンとくる【くさい臭い】の原因と解消方法

time 2016/06/20

足の臭い対策を自分でしよう!足のツンとくる【くさい臭い】の原因と解消方法

足の臭いの原因とは何か

男性で足のにおいが気になる人は非常に多いとされていますが、女性でも足の臭いを気にしている人は多いようです。どちらの場合にも、通気性の悪い靴を履いていたり足の裏に汗をかいてもそのままにしている事で靴の中で菌が繁殖してしまい、非常にきつい臭いとなってしまいます。

「みんなにおいに気づいてるかな・・・」「飲み会の席でお座敷だったらどうしよう・・・」「靴からもにおいが出てるだろうな・・・」と不安になりますよね。。。

靴を脱いだ瞬間だけで、すぐに臭いが消えてしまうのであれば良いのですが、歩いた場所がわかってしまうほど強烈なにおいが発生してしまう人も中にはいます。

また、中には自分自身では気が付かない人もいますから、少しでも自分の足のにおいが気になった場合には、足の臭い対策を取り入れなければいけません。

足の臭いの原因を知っておかないと間違った足の臭い対策法を取ってしまう事になりますから、なぜ足が臭くなってしまうのかを知っておくことが大切です。

足が臭くなる原因は”菌”

足のにおいの一番の原因としては、菌が繁殖している状態になっているということ。足に汗をかくことで、汗の中に含まれているミネラル分や足に付着しているたんぱく質が菌の餌となり、菌が繁殖してしまう事で、臭いが発生してしまうのです。

菌は、じめじめとした場所が餌の宝庫となります。足に汗をあまりかかない人は、臭いが発生してしまう事はほとんどありません。汗をかいても頻繁に汗を拭きとったり殺菌をして清潔な状態であれは、菌が繁殖してしまう事はありません。

毎日同じ靴を履いていて汗で湿っている状態であったり、殺菌を行わないような状態で更に汗をかいてしまうと、普段よりも強い臭いが発生してしまいますので注意してください。

足の臭いを抑えるには、うまくデオドラントグッズを使ったり洗浄をして頻繁に殺菌を行いながら、汗に菌が繁殖してしまわないようにすることが、足の臭い対策法として大切な事となります。

足の臭い対策を考える

asi

足の臭い対策グッズとして取り入れる事が多いのがドラックストアなどで売っているデオドラントスプレーですが、デオドラントスプレーひとつだけで臭いが消えるわけではありません。一瞬の臭い消しに使うことは可能となりますが、根本的な原因を排除することができる方法ではありませんから、これだけでは足のにおい対策としては不十分となります。

足の臭いを消すには、臭くなる原因を排除しつつ、良い”足の臭い対策グッズ”を使っていくことが大切だと思います。

足のにおいを気にしている人はなんらかの方法を試したことがあると思いますが、足の臭い対策を取り入れても、臭いがなかなか消えない人もいます。

ですが、足の環境を整える事ができれば、対策を取り入れやすくなりますから、下記のいろいろな対策法を参考にしていただければと思います。

デオドラント剤で足の臭いを消す方法

足の臭い対策として、デオドラントスプレーを足に直接吹きかけて殺菌をしたり香り付けを行い、足の臭いを軽減させるという方法があります。足の臭いがとれないという人は、こういったグッズなどを併用すると良いです。

においを消すデオドラント剤は、ワキに使用するタイプの物もありますが、足専用の物もあります。クリームタイプの物やロールタイプの物、パウダータイプの物と幅広い種類があります。デオドラント剤を使うことで足にある汗腺をふさぎ、汗を出にくくするタイプの物もあります。

殺菌ができる足の臭い対策グッズ

足の臭いの原因は、菌が繁殖してしまっている事が原因となりますから、菌が繁殖しないような状態を作れば足の臭い対策につながります。

臭いを抑えるには、殺菌効果があるデオドラントスプレーを足の吹きかける事も良いですし、殺菌クリームをつける事も良いでしょう。頻繁にアルコール消毒ができるタイプのウェットティッシュで足の指までふき取ることも足のにおい対策には効果的ですし、殺菌効果があるとされている「ミョウバン水」を足に吹きかける事も効果があるとされています。

最近では抗菌作用がある靴下や靴なども販売されていますから、そのようなグッズを利用して菌が繁殖しないようにする事も良いでしょう。

殺菌ができる商品はたくさんありますが、方法によって足の臭い対策の効果には違いが生じてきますから、できるだけ高い効果を得る事ができる対策グッズを選ぶようにすることが大切です。様々な方法を試しながら、足の臭いの状態を確認すると良いでしょう。

足の臭い用のデオドラント剤を使う際の注意点

種類によって効果には違いがありますが、使用する時の注意点として、必ず足が綺麗な状態になってからデオドラント剤を使う事が大切となります。

臭いがきつくなっている足に香り付きのデオドラント剤を使うと、きつい臭いとデオドラント剤の匂いが混ざってしまい、更にひどいにおいを放ってしまう事があるのです。

そして、使用したデオドラント剤は、その日のうちに綺麗に洗い流すことも大切です。デオドラント剤を上乗りしてしまうと皮膚がダメージを受けてしまいますし、殺菌作用が強くなりすぎてしまう事で菌が増殖しようと反発し、更に強い臭いを放ってしまうとされています。

足の臭い対策としてデオドラント剤を使う場合には、出かける前の綺麗な足か、ウェットティッシュなどで菌や汚れや汗などを拭きとった後に使用することで、足の臭いを除去し臭いを発生しにくい状態を作り出すことができるのです。

靴や靴下のお手入れで足の臭い対策をする

kutu

足の臭い対策法として、靴や靴下を綺麗に保つことができるだけでも非常に効果があります。足の菌は靴下や靴の中で発生してしまいます。靴や靴下にすでに菌がいる状態では、いくら足が綺麗であっても臭いを除去することはできませんので、身に着けるものも清潔に!

靴下は洗濯機で洗うだけでは臭いが残ってしまっている場合もありますから、漂白剤を使用したり石鹸で手洗いするなどをして、しっかりと”菌”と”靴下に入り込んだたんぱく質”を取り除きましょう。

靴は、出来るだけ頻繁に洗う事が好ましいのですが、革靴であったりブーツなどはなかなか洗う事ができない物もあります。ですので、毎日同じ靴を履くのではなく、靴は日ごとに変え、その日に履いた靴に染み込んだ汗をしっかりと乾かして殺菌させるようにしましょう。臭いを抑えるには、日に干すだけでも十分な殺菌効果がありますから、毎日同じ靴を続けて履かないようにすることが大切です。

靴の中に十円玉を忍ばせておき、銅の力で殺菌作用を高めるという方法もありますが、足も靴も靴下も綺麗にしておくことが一番大切です。

ですので、足の臭いがとれないという人は、足のお手入れだけで満足してしまうのではなく、足裏に触れるものすべてを綺麗にしておくようにしましょう。足の臭いがとれない人は、素足で靴を履くことはやめましょう。

食事の改善により足の臭い対策をする

gohan

足に汗をかきやすくなってしまうとそれだけ菌が繁殖しやすくなってしまうのですが、夏場は汗をかくことが多いため汗自体がサラサラである場合が多く、菌が発生しにくいと言われています。

ですが、冬場はちょっとした汗の中にも老廃物が多く含まれている事が多く、その分菌が繁殖しやすくなってしまいますから冬場の汗には注意が必要となります。そのため、足の汗も冬場に強烈な臭いを放つ人や足の臭いが消えない人が多いとされていますから気を付けましょう。

汗の質を変える事も足の臭い対策に効果的なので、普段の食事を見直してサラサラな汗を作り出す事も良いでしょう。サラサラな汗になることで、足に汗をかいたとしても臭いの発生を抑える事ができますので改善してみましょう。

臭う汗の原因になる食べ物

食事の内容によって汗の質は変わります。サラサラの汗の人のは、”ベジタリアンである人”や”普段から肉や糖分やアルコールなどの摂取をあまりしない人”が多いです。そういった人は、足に汗をかいたとしても菌が発生しにくく、臭いが発生してしまう事が少ないとされています。

肉やアルコールなどを良く摂取する人の場合、汗の中にミネラル分が含まれており、汗が乾いた後もべたつきが出やすい状態となってしまいます。そのミネラル分が菌の餌となり、足のにおいにつながってしまうのです。食事の改善を取り入れる事で、足の臭い対策につながる人は非常に多いとされています。

今まで肉食であった人が野菜中心の食生活に切り替えるだけで、足に汗をかいたとしても臭いが発生しなくなることが多いとされています。肉ばかりを食べるような食生活を改善してみると良いでしょう。

アルコールを飲んだ翌日は、ほとんどの人の汗の質が悪くなってしまうとされていますから、アルコールもできるだけ控え、汗の質が良くなるようにしましょう。

歳を重ねる事でも汗の質は悪くなるとされています。若い世代の時には足の臭いが気にならなかった人でも、歳と共に足の臭いが気になってくる人も多いようです。歳と共に食事の内容を見直す事もおすすめしす。

清潔を保ち足の臭い対策をする

huro01

足のにおい対策法で一番重要なのは、足を清潔に保つことです。できるかぎり足を綺麗に保つことができる様にしましょう。

毎日お風呂に入ってその日の汚れをしっかりと除去し、綺麗な状態を保っておかないと、菌が繁殖しやすい状態となってしまいます。濡れたままの状態でいる時間をさけ、入浴後はすぐにふき取り、しっかりと乾かしましょう。

まず、しっかり洗って臭いを消す

足の臭いがとれないという人の場合、入浴して軽く洗っただけではすべての菌を取り除くことはできません。角質を落とすように、足の指の間までしっかりと洗う事は非常に大切です。古い角質が足が臭くなる原因の一つのでもあります。ディーソープではなく、薬用石鹸などの殺菌作用が高い洗浄剤を利用して、足を綺麗に洗う事が大切です。

足の爪が伸びていると足の爪の中に菌が溜まったままになってしまい、菌が繁殖しやすい状況を作ってしまっている場合があります。ですので、足の爪は短く切り、綺麗な足を保つことができる様にしましょう。

におい対策グッズを使用して、足を清潔に保つ方法もおすすめです。足の指まで1本ずつ洗う事を面倒に感じる人の場合には、足を洗う事ができマットを利用してみると良いでしょう。マットの上で足を動かすだけで簡単に足を洗う事ができるアイテムがありますから、チェックして見ると良いでしょう。

汗をかかない状態を作ることも足の臭い対策に繋がるので、職場にいる時には通気性の良いサンダルタイプの靴に履き替える事も良いですし、椅子に座っている時には靴を脱いで汗をかかないようにする事でも清潔を保つことができます。

翌日まで汗や菌を残さないように!

足の洗浄が不十分であると足に付着している菌を除去しきれず、翌日にも菌が発生しやすくなってします。足のにおい対策として、その日の汚れはその日のうちに除去し、臭いを翌日に持ち越さないようにすることが大切となります。

その日に履いた靴はしっかりと乾かすことが大切ですし、足を綺麗に洗った後も菌が繁殖しないようにミョウバン水を足に吹きかけて殺菌を行ったり、靴下を履く前には必ずアルコール消毒などを取り入れるなどを行うと良いでしょう。

子供の足のにおい対策は?

子どもでも足の臭い対策を取り入れなければいけないような場合もあります。子どもでも足に汗をかいてしまう事で、強い匂いが発生してしまっている場合もあります。

子どもの場合は皮膚が弱い場合が多いため、頻繁にアルコール消毒を取り入れたりデオドラント剤を利用すると、皮膚にダメージが出やすくなってしまいます。できるだけ肌に優しく安全である足の臭い対策を取り入れる事が大切です。

ミョウバン水は食べ物としても利用することができる物ですから、子どもでも安心して使えるおすすめの方法となります。子どもの場合、靴を毎日履き替えたり通気性の良い靴に変えるだけでも非常に高い効果を得る事ができるとされていますから試してみましょう。

急に足の臭い対策をしなくてはいけない時のために

kutu22

靴を脱がなければ足のにおいは人に伝わることがない場合が多いのですが、急に靴を脱がなければいけない状況と遭遇してしまう事も度々あると思います。

人の家に上がらなければいけなくなってしまった時や飲み会で靴を脱ぐ席に案内されてしまう事もあるでしょうし、新しい靴を新調するのに、靴を脱いで試着をする場合もあるでしょう。

朝、足の臭い対策を行ってから靴を履いたとしても、1日中履いていた靴の中は蒸れてしまっている事が多く、すでに効果がなくなっており、臭いが発生してしまっている事が多いとされています。

臭いを除去するグッズを持ち歩こう

そんな時には対処法として、アルコールが入っているタイプのウェットティッシュと新しい靴下を常に鞄に忍ばせて置き、靴を脱がなければいけない状況になってしまった時には応急処置として、足をふき取ったり靴下を変えるなどの足の臭い対策を取り入れましょう。

コンビニのトイレなどを利用すれば、人の家に上がる前にでも対策を取ることができますし、飲み会の席に着く前にトイレで足を殺菌することも可能です。全ての菌を除去することができなくても、非常に強い匂いを放ってしまうような状況ではなくなりますから、人から匂いを指摘されてしまったり嫌な思いをさせてしまう事はありません。

急に靴を脱がなければいけない状況になった時に、足のふき取りを行わずデオドラントスプレーだけを吹きかけるような人も中にはいるのですが、においを一度取り除かないと臭いはすぐに発生してしまいます。なので、足の臭いの急な対処法として”ふき取り”をする事を忘れないようにしましょう。

足の臭い対策で注意する事

どんなに足の臭い対策法を取り入れても足の臭いが消えない人の場合、ストレスが原因となってしまっている場合があります。仕事をしている人の場合、ストレスが溜まりやすい状態となってしまっている人が多く、ストレスが原因で汗の質が悪くなり、足が臭くなってしまっている人もいます。

自分自身ではストレスが溜まってしまっている事に気が付いていない人もいるため、足の臭いの原因がストレスであるとわかっていない事も多いとされています。足の臭い対策として、ストレス解消を取り入れる事で足の臭いが軽減する人もいますから、ストレス解消法を身に着けておくことも大切となります。

足の臭いは自分自身の匂いであるため、自分では気が付いていない人も多いとされています。恋人や友人に足の臭いを指摘されてしまう事で気が付く場合もあります。

自分で気が付いていないわけですから、足のにおい対策に効果が出ているかどうかもわかりにくくなってしまうのですが、洗濯をした靴下がパリパリになってしまっているような場合には、足に臭いが発生してしまっていると考えましょう。白い靴下を履くと、黄ばんでしまうような人やわきがである人も足の臭いには注意が必要となります。

足の臭いをとる方法をしっかり行わなければそれだけ強い臭いが発生してしまいますから、どんな方法でも取り入れる事が大切です。意識しなければ人に不快な思いをさせてしまう事になりますから、人に気づかれてしまう前のお手入れが大切となります。

管理人

管理人

スタッフ数名で、たくさんの商品やサービスから「どれがいい?」「どこがいい?」を掲載しています