商品やサービスの中から「どこがいい?」を掲載中

どこがいいドットネット

【おすすめランニングシューズ6選】初心者から上級者までの正しい選び方

time

【おすすめランニングシューズ6選】初心者から上級者までの正しい選び方

運動不足の解消やダイエット、トレーニングといえば、走るのが最適です。それぞれのスポーツに専用の靴があるように、走りやすさを追求した靴も存在します。ランニングシューズの目的に合わせた探し方や、おすすめの商品を集めました。自分に合った靴を見つけて、楽しくランニングを始めましょう!

 

ランニングシューズとは

スポーツはそれぞれの競技で体の動かし方が異なるため、目的に合わせた靴選びが必要になります。ランニングは前に向かって走る動きをするため、前後への推進性を高めることが大切です。また、路面からの衝撃を和らげたり、力強く走るために反発力を高めるなど、さまざまな機能があり、一足の靴の中にも走りを追求するためのあらゆる工夫が詰まっています。

 

初心者こそ足元が大切!

はじめのうちは、とりあえず手持ちのスニーカーを使おうと思いがちです。もちろんスニーカーで走っても悪くはないのですが、怪我をしないよう安全に走るには専用の靴を選んだ方が無難です。
フォームが安定していないと、アスファルトの衝撃で足を痛めやすいです。ランニングシューズは衝撃吸収性や軽さなど、ランナーの足を守るために設計されています。とりあえず手持ちの靴を使うより、早いうちから専用の靴で走った方がいいでしょう

 

ランニングシューズの選び方

レベル別や、国内外のメーカーによる違いなど、靴選びのポイントを紹介します。

レベル別のランニングシューズの選び方

【初心者の選び方】

初心者のうちはまだ走るために必要な筋肉やフォームが整っていないため、ソールが柔らかく、衝撃を緩衝する機能の高いものを選ぶと足に負担がかかりません。

 

【中級者の選び方】

日常的に走り慣れてきて、レースへの参加を考え始めた方、既にスポーツ経験がある方は、中級者向けのものを選びましょう。価格帯の選択肢も多く、デザインもさまざまです。機能にこだわるなら、ある程度のソールの柔らかさがありつつ、フィット感の高いものを選ぶといいでしょう。

 

【上級者の選び方】

フルマラソンの完走やタイム向上を目指す方は、ソールが薄めのモデルがおすすめです。路面をしっかりとらえることができるので、より力強いランが可能になります。また、タイムをより伸ばしたい方は軽量性を重視すると、シューズの重みを気にせず走ることができます。

 

メーカー別の選び方

ランニングシューズは国内外の様々なメーカーから出ています。各メーカーそれぞれが最新の技術や素材を開発し、ランナーにとって使いやすい靴を取り揃えています。最初のうちはデザインのよさで決めるのもいいですが、本格的に走りを極めるなら、機能にこだわってみてはいかがでしょうか。

ランニングシューズは、メーカーによって同じサイズでも足型が異なります。アシックスやミズノは日本人の足の形に合わせた靴を作っているため、足に合った靴が見つかりやすいでしょう。ナイキやアディダスなどの海外メーカーは、足型が欧米人向けになっています。たとえばナイキのシューズは世界中絵人気がありますが、足型が日本人向けより細くなっています。自分が履きやすい靴を選ぶためには、サイズだけではなく足型が合うかもチェックしてみて下さい。

ランニングシューズのおすすめ6選

[アシックス] ランニングシューズ Gel-Kayano 24

国内メーカーの中でもミズノと並んで大きなシェアを誇るアシックスのランニングシューズです。優れた衝撃吸収性と耐久性のあるソールで、初心者から上級者まで幅広くマッチします。衝撃緩衝剤の「T-GEL」を搭載しているため、路面から伝わるダメージを軽減し、足に優しい走りをアシストします。また、走行時に重心が中心に集まりやすくなるガイドラインを採用したことで、足元がぶれずにスムーズな走りを期待できます。

[アディダス] ランニングシューズ Aerobounce pr m メンズ

海外メーカーの中でも人気の高いアディダスからBOUNCE(バウンス)シリーズの新型が登場しました。ソールを薄くして軽量性を保ちながら、最先端の素材を使用し、機能性も両立したハイレベルなシューズです。高いクッション性と反発性がある独自に開発したEVA素材を使用したことで、レベルを問わず力強い走りを可能にしています。さらにアウトソールに配置されたコンティネンタルラバーが蹴り出しを助けてくれるので、無駄な力をかけることなく軽快に走れます。アッパーはメッシュ素材のため、夏場や長距離走でも熱がこもらないのもポイントです。

[ナイキ] NIKE ナイキ エア ズーム スピード ライバル 6

世界のスポーツブランドの中でも圧倒的な人気を誇るナイキのランニングシューズです。レースとトレーニングの両方に対応できるハイブリッドデザインです。ソールは柔軟性があり高反発で、グリップ力もあるため、路面をとらえた力強い走りを実現できます。さらに、中央部のストラップでしっかり足を固定するデザインで足全体を包み込むようなフィット性を生み出しています。超軽量なので、記録向上を目指す方にもぴったりです。

[ニューバランス] ランニングシューズ M635

日本人の足型に合った靴を展開している、ニューバランスのランニングシューズです。ニューバランスはアメリカのブランドですが、国内向けの製品は日本人に合わせて作られているため、他の海外製品よりも日本人向けです。柔軟性に富んだ「CUSH+」(クッシュ プラス)がミッドソールに採用されており、衝撃を和らげ、足を守りながら走ることができます。フォームが完成していない初心者でも、優しい履き心地で安心です。

[アンダーアーマー] ランニングシューズ/2Eフィット チャージドバンディット4 3020322 メンズ

若者を中心に絶大な人気を誇るアメリカのスポーツ用品メーカー、アンダーアーマーのランニングシューズです。創業者がアメフト選手だったことから、アンダーアーマーの商品は競技者のパフォーマンスを最大限に引き出すことを目的に開発されているのが特徴です。
靴にも数々のテクノロジーが活かされており、シームレスでフィット感の高いメッシュ素材が軽量化を実現しています。さらに、外付けの大型ヒールカウンターを搭載し、着地の際の体重移動をスムーズにして正しい走り方をアシストします。もちろんソールの柔らかさも優れており、ミッドソールには衝撃の大きさを反発力に変えるハイテク素材が採用されています。

[ミズノ] ランニングシューズ ウェーブ ソニック ワイド [メンズ]

アシックスと並び、日本の二大スポーツメーカーのひとつでもあるミズノのランニングシューズです。日本人の足型に合わせて作られているので、幅広い層に履きやすい一足といえます。「MIZUNO WAVE(ミズノウエーブ)」と呼ばれる波型のプレートを挟み込む独自の手法で、足元の柔らかさと安定性を両立させたのが特徴です。
ソールが柔らかいため、フォームが安定していなくても、衝撃を受け止め、足を痛めにくくなっています。また、通常のラバーよりも耐磨耗性が約80%高い「X10(エックステン)」という素材をアウトソールに使用しており、長時間の走行にも耐えられる耐久性の高さを実現しました

まとめ

ランニングシューズは、走りやすさを追求した靴です。まだ始めたばかりだから…と普通のスニーカーで走るより、専用の靴を履いた方がずっと楽に走れます。全身にかかる負荷や路面から受けるダメージを防ぐという役目もあるので、初心者こそランニングシューズを履いた方が安心です。自分のレベルに合わせた靴を選べば、走る楽しみもより高まります。是非、自分に合った一足を見つけて下さい。

管理人

管理人

スタッフ数名で、たくさんの商品やサービスから「どれがいい?」「どこがいい?」を掲載しています